2013年06月27日

デンシャ他色々/フリーゲーム

・デンシャ/ツクール短編ADV物語/およそのやりこみ率99%

※ホラーじゃないよ。不気味な要素はあるけど。
ツクール式アドベンチャーっていう面で見るとゲーム性は欲しいけれど、まぁこれは発想と物語を楽しむものかなぁとクリアしてから、うん。そういう所で見ると複数EDありそうな気がしたけど無いようで。
基本一本道で物語を辿るタイプでゲームオーバーとかはない。なのでツクールタイプの短編物語ものな感じ。


・E's Laf/スピードコンボタイプの格ゲー/感想目安10%

ヴァンプリをストリートファイターに例えると、こっちはスピード系コンボが繋がるタイプの格ゲー。ダミーモードで練習できたり、なんかポートとか用意されてた。
私のはVer1.0なんだけども(今は1.1?)、右下のキャラがいくつか空白だが顔アイコンとボイスがないだけっぽいので実は選べたりする。悪魔っ娘がなんだか癖なくて速いし使いやすい気が。でも若干隙や火力面で。


・グラン内戦記/FE風シミュレーションRPG/たぶん60%くらい

射程とか地形効果とか3すくみとか。うん。特定ターンとか条件でなんか援軍とかきたり、そういうの。主人公が会話しに行ったりしたら何か発生したり。


・武神の目覚め/サクサクできるRPG/99%

物語とかほぼなくてゲームオーバーしてもLVアップしたり、戦闘後に異常効果とHPが回復したり、アイテムとか使ってもターン消費しないし、装備相性がクリアの鍵だけどターン使用しないで装備変えれるし、一応無敵モードとかあるけど、行くダンジョン順序と相性さえ気にしとけばストレスフリーでゲームオーバーなしでプレイできるゲーム。


・迷妄ハロウィン/短時間クリック調べるADV/90%あとはコンプ?

時間内に部屋内をクリックしてすぐエンド。マルチエンディング。何気にクリック手順、クリック回数、あるいは別ENDを見てるとか特定時間とかフラグが難しかったりする。
どちらかというと気を抜いてプレイしたほうが楽しめるかもしれない。短編サウンドノベルでEDが複数ある感じと思っていただければ。(一応バイオレンス。)


う〜んグラン内とE'sはそれほどプレイしてない気がする。それ以外にもちらほら気になるのがあるけれどまだ様子見。
ラベル:フリーゲーム
posted by ビター茶 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

feedlyがGoogleリーダーからの移行なんとか/Feedly関連

英語は苦手なので詳しくは下記URL

http://blog.feedly.com/2013/06/17/important-preparing-to-be-upgraded-to-the-new-feedly-cloud/


Chrome以外ではいつも通り手動アップデート。Firefoxの方をVer14からVer16にアップデートしてみた。するとGoogleリーダーのインポートみたいな流れ(普通のログインもあったが)それをクリックしてみる。Please waitとかなんとか表示されてたけどページリロードされる気配がなかったので、別タブでFeedlyを見てみた。

気になったのは最近、変更したフォルダジャンルや購読フィード(整理削除、追加したの)がなんか少し前の状態になってたので、Googleリーダーのフィード一覧と見比べながら再整理。

Feedlyに関して変わった感じがするところは、スクロールによる自動既読の精度が上がったっぽいのと、中途半端に表示されなかったりするサムネイルがちゃんと表示されたりした。

気になるのはFeedlyがGoogleから単独で機能するのにログイン関連やアカウントがどうなるのかなぁと。
posted by ビター茶 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

バイオハザードリベレーションズUEクリア

難易度ノーマルでクリアまでの時間は15時間前後くらい?体感4ほど多くはないがベロニカよりは多い。

バイオ4で登場した背後カメラ目線と、旧バイオの閉鎖的なステージを融合したかのような感じ。といっても4みたいにアクションや武器がいっぱいとかそういうノリではない。そのためスナイパーや部位を狙うとかそういうのを重視するのであればオマケである。

物語はキャラや時間が行き来するので少しジルストーリーの先が気になるものの、そのおかげで1〜3みたいに浅くなく4〜5みたいに進んで脅威取り除いていくというのよりは深みがある。6みたいに今まで出たキャラのやり取りは最小限(ジル+クリスくらい)になってる割に、このリベレーションズ単体でストーリー構成は素晴らしい。

6にて感じられた短時間での疲労というのも気にせず、ずいずいゲームをプレイしてしまった。QTE、過度のイベントやアクションシーンを控えたためだと思われる。

謎解き要素については今回はほぼないといっていい。基本はエリア探索を広げるのと敵と目標地点と。

敵の種類に関してはテーマ上、同じような見た目で印象に残りづらいか(リッカー・ハンター・スナッチ級みたいな)。ボスの種類とインパクトも少ないほう。(中盤のが一番)
だからといって特長ある敵を出し過ぎると雰囲気の問題も生じるため仕方ないかなぁとも。


まとめると、バイオ4〜6での過度のドンパチ、ムービーアクションなどを控えて、良い部分は取り込みシンプルに(視点、ハーブボタン、アイテム切り替えなど)+0〜3までの探索スタイルみたいな。

目新しさはないのだけど旧スタイルのバイオを今風に安定して楽しめるゲームだった。
posted by ビター茶 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

バイオハザードリベレーションズUE/プレイし始めた

とりあえず2?エピソードらしきところまでプレイ。
気になる点は、


・若干方向転換時に6よりはスムーズでなくなんかある感じ。カクっと。

・元が3DSの改良なのでシワのある人物とかは顔が固いか。
でもPS1〜3みたいでなければ普通にできるので、大丈夫。

・操作方法が旧式とパーソンシューティング操作と2つ選べるようになった。
姉と6やった時、やはり手こずって移動と照準が別になってしまうというか。
私は大丈夫なんだけど、ユーザー層の幅的にはこういうオプションがあってよかった。

・格闘が抑え気味になってこれくらいで良いかなという感じ。6と比べ。

・ジェネシスはホラーなどの演出やクイックターンなどの操作性の向上に繋がるのならいいのだけど、
キーアイテムはイベントで済みそうだし、一定間隔で有りそうなエリアに来たら移動しながら前方あたりをそれとなく調べるってのは。ちょっと残念。
現在のところ隙間システムというか、面倒な操作が増えた感じ。
アイテムが何故そこら中に落ちてるの?1〜3とか、みたいな解決策にはなるだろうけど、

・初期からやってきたユーザーとしては今回は閉鎖的なステージで、バイオ0〜4+ベロニカみたいな感じで好きである。
広いエリアはクリス編とかで必要に応じて使い分けられてるので大丈夫。
5〜6でも船エリアはあったけどそれなりにマッチしている。機能してない船は。

・次の章開始時に前回のあらすじが入る。アランウェイクを思い出した。
まぁ若干ホラーとかの流れを切ってしまうが、
姉が6再プレイ時、前回ってどういう状態やったっけ?みたいな。
ゲーマーなら大丈夫なんだけどゲームが日常から離れたユーザーにとっては長いストーリーに対してはありがたいかもしれない。

・若干キャラや時系列が前後する。
ジルをそのまま続きしたいのに調査かよと流れが緩くなったり。ただ単作で物語の濃さというか出すには仕方ないかなぁと。

・敵のバリエーションバーゲンセールが6と比べ抑えられてる。
何かっていうと、1とかゾンビと犬で長い間を持たせられてたのが気になって。
6とか新しい敵がボンボン出てきて何か多いんだけど薄い怖さみたいな。まぁまぁ妥当かなと。

・エビルネットについて。まぁおまけ的な要素なんだけども、HALOみたいにゲームの試合結果ログクラスだと役立つが・・・
いっそのことついでにプレイヤーがどの辺りで大ダメージ受けたとか、時間を食ったとかの情報とって次回に生かせるような〜、まぁそういうのは承諾とかややこしくなるんだろうけれど。
今のところオンライン連携はそれほど魅力的ではない。まぁ登録してない人多そうだし、意識しない人もいるだろうなぁと。まぁおまけ的な楽しむ要素かな。


今のところは、こんな感じかな。
バイオ5,6は戦う銃撃大量殲滅みたいなノリと比べ、今回は4の操作のイメージチェンジと1〜3の閉鎖エリアが加わったような。
好印象。


追記(エピーソード3クリア時16:34)

・QTEが無いことで以前のような即死のバーゲンがなくなりゲームの失敗をそれほど気にせずプレイできる。
イベントで動作が必要なのを無理やりねじ込もうとするなら、Ep2のクリスが足を痛めた時みたいに照準か移動か、ともあれ普段の操作スタイルに近いものがいいのかもしれない。

6のマップ案内も狭ければ必要はないのだけど、マップ表示に調べた開かないドアのマークを紋章や何なのかのアイコンで示してくれると良いかなぁと。
訂正(17:11)普通にカードや錨マークが書いてありました。

・6や5では攻略したエリアは放棄するのでいいのだけど、リベレーションズでは行き来するため0〜3や零もそうだがドアがロードの役目をつとめてるなぁと。廊下に短めにドア配置してあったり。
そのためか、ドアを開ける動作がそうしてる感じ。敵もエリアを移動すれば問題ないのだが。
一度敵に見つかって敵の索敵範囲に引っかかったら、3のネメシスや6のニュルっと出てくるシステムみたいにマップロードとは別に敵の内部的処理というか。
まぁ特に問題ないレベルだけど、5や6の経験した後だと懐かしい仕切りが思い起こされたので。


追記(エピソード8最中、26/12:51)

・避けのタイミングが必要で難しい。バイオ3にあったような気もするが。
後半部では素通りする場所もあるのでダメージがよく食らったりする。ハーブギリギリ。
だからといって必要以上のカバー、6の避け、QTEは好きではない。

・ダッシュボタンがなくなった。スティックによる押し具合。
6になれると遅いランニングに感じてしまうが、ステージの狭さやボタンが1つ空くことを考慮すればまぁ特に気にすることでもない。

・ハーブの調合がなくなり、一手間することが短縮された。
5と6はショートカットがあるとはいえ、調合時にほんの少し中断されるのだが今回はスイスイ行ける。

・水の敵が活かせる。
1のサメ、4、6といい水中生物はスルーか、相手の得意領域に引き込まれるとか水中BOWの活躍少ないなぁと思ってたので、まぁまぁ。

・同じステージが2度活かせる。とは言えシーンは限られるか。
1は同じ行き来で、クリムゾンかハンター置き換えだったのでちょっとしたステージアレンジで活かせるのはまぁまぁ。
posted by ビター茶 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。