2005年10月31日

昨日の番組のブログの紹介問題





 どこに問題があるかはさておき、番組に主婦でやってる人たちのブログが実紹介されてたので、たぶん2ちゃんねるの実況は騒いでるだろーなーって見に行ったら、案の定の流れだった。


流れてきた人は匿名を生かした自分の潜在的な不安や、興味そのものを他人の真意を気にせずに言う流れになってた。


私もフォローを入れたくなったが書けなかったな。


ブロガー当人が自分自身の事をよく知ってるんだし、通りすがりの彼らは自分の価値観を押し付けてるだけだ、って。


まー、今日見に行ったらブログは停止してました。





 私もそんなこんなで2ちゃんねるにはLast.fmとか興味があるもの、見た事がある映画とかの実況板には見に行きます。


し、たまーに2ちゃん嫌いな人が何か言ってると、悪いところだけでもないって思っちゃうんですが、2ちゃんねるの定義はー、元々集団だしー、一部が悪いとか、すべてがほぼ悪いとかそんな例えじゃ足りないようになってきた。個人的に。


ぶっちゃけ少年より上を含めた日本人とか、そんなもー、いいにも悪いにも取れないくらいの例えがいいんかなー、って思いました。


あの犯罪者と一緒の日本人だろっとか、日本にも自然環境に真剣に取り組む人もいるんだぜっとか。


posted by ビター茶 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハロウィン仮装450人が大阪環状線占拠





 ハロウィン仮装で450人も集まるのは、驚いた。そのうえ外国人がメインっぽいので、450人も驚いた。


5年以上も前から、なんかサークルみたいなのがあるのだろうか。ハロウィンを日本にも広めようの会、みたいな。


ユーモアの違いかなー?子供心からみると、素直に楽しいんだろうけれども、大人になるにつれて社会的とかルールとかで固くなっていくんかなー。


そういう意味では、遭遇して見たいかも。


ラベル:ニュース
posted by ビター茶 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

働く意欲のない「ニート」は10年前から増えていない





 まーニートになる事で、私的なニートすなわち外的あるいは心理的要因が1つであることは、この記事に書かれてるとおりわかったが、別のタイプもあるようだ。


そんなこんなでニートアンテナ記事が1つはてなブックマークに上がってた。


タイトル的意味を要約すると、無業者はグラフ的に上がってるけど、その内訳は、



  • 求職活動をしている無業者

  • 非求職型

  • 非希望型


の3つで、実際ニートに当たる非求職型と非希望型は92年から爆発的に増えた、ってわけではないらしい。


実際増えたのは求職活動をしている無業者だけのようだ。


なんかニートという言葉が政策的になんで使ったのか、昔、少々気になったところでもある。


人によっちゃぁ、心理的に弱いタイプは辛い気分にさせられるかもしれない。





 最後の方のまとめで、普通高校を専門性に特化した高校に変えるって部分があるがそれは賛同かなー。


ニートになって思った事は、人が嫌いでもないが自分を出しての間合いがわからないっていう、自称対人恐怖タイプに多い問題を見つめなければいけないっていうのも1つだったけども、一方で今まで不安に駆られてきたせいで、自分のやりたいこととか興味・関心がおぼろげになってわかんなくなってきてた、ってのも1つの問題としてある。


まー、そういう個人的話しは横に置いといて、小学校とか中学校はその本人が決めてるってより、親決めなところが多いし、ギリギリ選べるのが高校くらいだからだけども。


実際、自分で自分の興味分野で学校を選べるのは大学や専門学校くらいなもだと思う。


その時くらいになってくると、親や周りに自分がやりたいことってのと、少し制限がかかる気がするんだな。


それを跳ね飛ばせるほどの心理があれば問題がないが、それが跳ね飛ばせない心理がある場合、自分自身の心理さえあれは社会的にも無理くさいとか、んな感じになってしまう。


幼い時は、自分のやりたい事というより親がやらせときたい事か、親が不安に思っている事や、リミットみたいなものを子供に植え付けられそうな気もする。


そういう意味でも、専門性に特化した高校に変えるってのは賛成。


ただ長い期間固定よりは、一定期間ごとに変える機会がないと人は興味が変わるからねー。


ラベル:ニュース 心と体
posted by ビター茶 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 心と体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蟲師2話を見てみた





 前は灼眼のシャナを録ってて、バックグラウンドの蟲師に気づかなかったが、今回は灼眼のシャナを削って蟲師を見てみた。


不思議ものでいい感じのアニメだった。シャナをダブるのが惜しいが、個人的には1に蟲師、2にシャナという並びかな。


京極堂はホラーの実態が、推理で解けるものだが、これは逆で病気やあやかしが「蟲」の仕業ってオチ。


2話を見る時点では、ホラーではなくほのぼの的な感動があった。


一方、灼眼のシャナも別のフレイムヘイズ?やら屍使い?やら、フリアグネ以外の戦力が出てきて面白そうなんだなー。


アニメ的なクオリティではシャナが正当的な感じだけど、蟲師みたいなんはいいなー。


ジャンル的にはいいづらいが、雰囲気がいい感じとしか言えない。


ラベル:アニメ
posted by ビター茶 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログのテーマを変えてみた





 すると文章構成やらも、やや変になる。


が、もっとも大きな事は横のリミットがなくなって、文章が横に伸びたことだな。


すごい読みづらい気がする。


慣れか?


 こーなってくると、文章を単文的にせねばなるまいて。


前のHatena_leafにちょいちょい飽きてきたし。





 結局、実用性的にHatena_leafに戻した。


 まー、一般的な本は改行はせずにどんどん書いてあるのが一般的だけれども、ありゃ横幅が小さいからできる技なのか、と思った。


考えれば、パソコンのディスプレイの方が、本2ページ分より大きいしね。


posted by ビター茶 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ENIGMAがテレビに流れるとうれしくなる





 非常にマイナーなのか一部では有名なのだろうか。


ブンブンサタデーにENIGMAサウンドがかなり使われてた。


知ってるマイナーな曲がうれしくなる心理みたいな。


何か最後の方、カウボーイビバップの曲も流れたような気もする。


 前、ロンドンハーツの男性芸能人の口説き方コーナーでも、思いっきりこれでもか、ってENIGMAサウンド。


 そんな久しぶりなENIGMA小話題。


posted by ビター茶 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイキッズ3 ゲームオーバー





 なんかプレミアムステージのスパイキッズ3見てて、F-ZEROとかジャックとダクスターを思い出した。


レースのトンネルとかコース構成がなんとも。


また、映画ながらF-ZEROのコースとダブって面白く感じてしまった。


後はマグマのところが、ジャックとダクスターを思い出したくらいか。


全体的にCGだし、ゲームだしってのが、そうなるのかなー。


 最後の部分の「私は許す」と「君自身が許せるかだ」とかいう言葉を聞いて、思いっきりスピリチュアル系の本を頭に浮かんだ。


最後でいっぱいファミリーが来るとかいう流れのところで、最期の締めがそうくるとは思わなかった。


posted by ビター茶 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の日記や考え事など





 今日たって何もしてないから特に。石橋を叩き過ぎてる様な気もする。うーむ。


 何も行動しないのもなんなので、図書館で本を借りてこよう。Amazonのおすすめ商品を弄くっておすすめさせた本が図書館にもあったので。


 あとーは、ジャンルだなー、バイトの。一方は無難、一方は不安の打開。金さえ求めれば、無難を選んだほうが良いのだが、打開せねば、また事あるごとに浮上してきそうな気もする。そこで、あー駄目だったらどうしようとか思って、最初の石橋を叩くやら本を借りてくるになってくるんだけれども。


ラベル:日記 心と体
posted by ビター茶 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

goo サジェスト with ATOK





 最近Googleの方でもサジェストを展開してて、言葉を正しい表記で候補一覧を表示してくれます。でgooもATOKを引っさげて、サジェスト登場しました。ATOKの名前は強いですね。平仮名を入力すると、ATOK候補を出してくれます。まぁ個人的には、Googleの方が英語を入力しても、サジェストしてくれるので素晴らしいです。にしても、


 gooはgooラボというバックグラウンドで画像検索やら、ウェブRSSリーダーやらいろいろ活動してますねーと、思っちゃいます。Googleも最近いろいろ活動してますね。


 けど、Lunascapeを使ってて、検索バーから検索する機会が多いので、サジェストを利用する機会が少なそうです。私的には、Googleツールバーやらgooツールバーでサジェスト機能が利用できたら、便利そーですねーと思うところです。


ラベル:Webサービス
posted by ビター茶 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

「TRICK」11月13日放送





 gooブログトレンドランキングのランキングに「TRICK」の文字が。見てみると、11月13日の日曜洋画劇場に何か新たに登場するようだ。ってことは第4弾ドラマじゃなくて、2時間スペシャルって事かな。ドラマの方を期待してたけど。


 濃い能力とネタに期待な面白番組としてカレンダーにチェック。


ラベル:テレビ番組
posted by ビター茶 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ・動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

GyaOがランキングを上がったり下がったり





 GyaOが定期的にランキングに出没するのはわかるが、4位にいきなり浮上してきたので、何かと思ったら、特に何もないようだ。安倍なつみのドラマや韓国ドラマのオンライン試写会にキョンシーシリーズが見れるってのも要因の1つのようだったけど、最近やってるCMなのか、宣伝で新たに知ったって人が多いような気もした。


 まー、古臭そうなものもあるけど、よく見るとメジャーというだけで無いだけで、まぁまぁ普通のもありそうな見た目と感じた。


 


 ついてだし何か見るかなってことで、アニメ枠のラインナップ一覧を見て、映画枠のラインナップを見て、ホラー映画の"パラノイド 2004"を見ようとしましたが、なんか見る気をなくして、結局、ドキュメンタリーの"古代水の謎"を最後まで見てしまいました。1時間くらいと長いものでしたが、自然の神秘は素晴らしいです。


ラベル:日記
posted by ビター茶 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

Web 2.0時代の新ブラウザ「Flock」





 まぁ一時期、いろいろなウェブブラウザ、あるいはタブブラウザを試してきましたが、また新たなブラウザが登場するようです。最近人気のソーシャルブックマーク、RSS、写真共有にブログといったウェブサービス機能と連携した形のようになるような、んな感じのようです。


 ただ、まだプレビュー版に日本語化と、もう1つ、連携サービスがたぶん海外限定じゃないかなーってことで様子見です。


posted by ビター茶 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り込め詐欺を苦に心中





 何か少年犯罪よりも重い気分にさせられます。特に私の分野じゃないから考察する部分は今回無いけれど、状況がなんとなくわかるだけに重いなー。


 パソコンも普及したし、ナローバンドじゃなけりゃ、ウイルスとブラクラに一応スパイウェアを注意し、サイトを選べば、エロ本を本屋に買いにいくよりもお手軽といえばお手軽ですからね。そういう面では、心当たりみたいなんは探してみれば、それっぽいのがあるみたいなんを突いた心理的詐欺。特に現代社会は外は出来ていても、内心は苦手って人は多いかもしれないと思う。こういう時こそ、なんとか消費者センターとか生活センターとかの出番ですが、うっかり視野から外れちゃいそうですね。お世話になる機会が少ないんで。


 まぁよくテレビでやってる詐欺対策特番で昔、聞いたような気がするんですが、「詐欺にかからないと思っている人が詐欺にかかりやすい」ってのをこういう外とか内心の心理と照らし合わせるとなんとなく理解できるような気もする。例えて言えば、外見や型タイプの人は詐欺の形のタイプにゃぁ警戒できるけど、それを突破されると内心では判断できづらいみたいな。


 まぁこれほどアクいような、痛い事件と感じました。


ラベル:ニュース 日記
posted by ビター茶 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Xbox Live メンテナンス





 何かHalo2やってたら突如繋がらない。そういえばメンテナンスっていつだっけか?24日だったなー。今日24日?24日だった。残念。


ラベル:日記
posted by ビター茶 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメイトTVでポッドキャスティングがスタート!





 アニメイトがポッドキャストを始めるだとぉぉ!?ってなだけが脳内に響きましたが、特に意見がありません。まぁ、面白そうな期待番組が増えたってな感じです。10月27日からのようです。


 ついでにリンク先の右上のバナーに神無月の巫女1話無料配信って書いてあったので、スキップしながらKOTOKOのオープニングテーマ聞けるかなって探しましたが、聞けませんでした。残念です。


ラベル:ニュース
posted by ビター茶 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップページに「ち○ぽ」&蟲師





 2ちゃんねるのアドレスはあからさま過ぎて怪しすぎるが、2ちゃんにありがちな韓国への軽視もそうだが、麻原彰晃の画像を張るって時点でたぶんネタ意識があるような気もする。まー2ちゃんねるのアドレスを書くことで、外側から騒ぎを見るようなタイプであろうか。


 にしても蟲師とか言うアニメが土曜アニメのバックグラウンドにやってるとは思わなんだ。次見てみよう。


ラベル:日記
posted by ビター茶 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

Halo2チーターの考察





 いや久しぶりにチーターに2連続くらいあって、1回目は味方にあからさまに速い奴がボムを運送してるのを見て、3ラウンドまではレイスにハンドガンで立ち向かったり、ソード持ってる奴に素に近づいたり付き合ったが。ってまぁチーターが味方にいても、それでレベル上がってもなぁっていうマイポリシー故に、勝つ前に落ちて、華麗にフィードバック。2回目は敵に回って、回られるとむかつくなー、やっぱり。


 前のアップデートでチーターツールの認知みたいなものがあってから、チーターがめっきり減ったので(私の)抵抗が少し減ったのかもしれませんね。







 どうもBig Team Battleは人ごとの遭遇が多いためか、はたまたマップが新マップばっかりだからかチーターに遭遇しやすい。チーターの共通項みたいなんを私的にまとめとくと、後々また脳内で考察せんでもよさそうなので、一応種類。



  • ジャガーノート以上のダッシュ機能


大抵この機能は、高速爆弾運送か、スタート10秒くらいでフラッグをもって行くってことに使われてます。チーターをしてる奴の名前がわかりづらいチートでもある。



  • チーター版大ジャンプ


Halo構造上、スナイパーですべては見渡せないように作られてるステージもあるんですが、まぁんな感じです。



  • バグ技版大ジャンプ


これはチーター版はどこででも大ジャンプできますが、バグ技版は特定の構造がないとできないととで違います。まぁこれがチーターかは個人の判断。まぁ私的にはアウトです。XNEWS チートに関するよくある質問と回答



  • マシンガン?チート


バトルライフルやスコーピオンの主砲の射撃の間隔をマシンガンクラスにさすチート。



  • 回線チート


固定メンバーでIPか何か把握しておくんでしょうか?あんまりその知識がないからわからないです。要するに、他人の回線を弱めるか、あるいは対戦から落とすチートです。最もわかりづらいチートです。微妙に判断できる特徴みたいなものはありますが、最もわかりづらい。



  • チーターパワー伝授チート


こっちまで大ジャンプできたり、いつの間にか反対側の壁まで突っ走ってるチートです。


前のアップデート以来見てません。



  • 時限爆弾チート


1回しか遭遇してないけど、特定のエリア内・あるいは条件がそろうと、こっちのチームが一斉に適当に付けた名目(叩き潰されたとか狙撃されたとか)でやられます。Relicのオフェンスでワープゾーン方面から攻めるぞって時に、一気に6人くらい同時に×が付いてました。その後も定期的に。



  • 乗り物とか武器配置変更チート


でないはずのバンシーが出たり、バトルライフルの位置に1発だけのスナイパー、プラズマライフルの位置にゴースト、おまけに乗ろうとすると爆死。





 多いな。そりゃ脳内で考察できるわな。全部体験させられたものです。まー、あと項目上メリットがないんで書いてませんが、ホグが空を飛んでる?のを見たことがあります。





 まぁ2択。1つはレベルを圧倒的に上回りたいから。中身は伴わないが外側だけでもってところでしょうか。現実でも不安や自身がなくなると道化を演じるみたいなもんでしょうか。もう1つは、普通の状態ではゲームができないか、そうそう魔界島をスタートするときにBボタンとかいっぱい押してスタートするとバグチックモードになるのを思い出しました。





 まぁなんにせよ私個人の答えは出てますが、相手の思念ってのに乗っちゃぁこっちまで相手の思念になっちゃうんで、華麗にゲームを抜け、華麗にフィードバック、気にせずネクストゲームを始めるのが一番です。まー久しぶりにチーターに圧倒的にやられて、ちょっとむかついて愚痴りたかっただけです。


posted by ビター茶 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灼眼のシャナ3話&地獄少女3話





 地獄少女はあいー変わらず、ダーク路線突っ走りです。こーお嬢が出てくるまでダーク&ダークです。


 灼眼のシャナの3話目今回の話は良かったです。




まーライトノベルじゃあのトランプは印象がわかりづらい。けど、アニメになる事でかっこいい感じのトランプってことはわかりました。後、文庫の方と違って、フリアグネ編を終わらせてからでなくて、いろいろ織り交ぜていくようですね。フリアグネ編しか見てないので、今後に期待に期待、面白そうです。


ラベル:アニメ
posted by ビター茶 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時代の変化?萌えという言葉





 いや萌えという言葉についてはまぁ、前々から抵抗は減ってるほうなんで別にいいんです。最近ニュースをチェックする機会が多くなって、普通に"萌え"に慣れてるんでスルーしそうになったんですが、ここ最近だけでも萌えという単語の記事が3つくらいあったような気がする。こー、一昔前だと何か違うような気もしたような気がしないような。電車男で表舞台に出れたから、比較的普通に使いやすくなったんかなーって思いました。


 前から萌えという言葉は普通に受け入れてたから、小悪魔が萌えカード?って普通の記事のタイトルのごとくリンククリックしました。まーそんな小話題。


ラベル:日記
posted by ビター茶 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

Blood+の音楽プロデューサHans Zimmer





 昨日のiTunesの話しで、"Hans Zimmer & Lisa Gerrard"の"Now We Are Free"という音楽はpure3の中で好きだ、ってな話しをしたんですが、いやーBlood+のオープニングテーマはいいねーとか思いながら見てたら、"Hans Zimmer"の名が出て驚いた。昨日の日記がなかったらたぶん意識してないなー。たぶん、アニメの中での音楽でしょーねー。さすがにオープニングテーマはありえない。まーそんな小話です。


ラベル:日記
posted by ビター茶 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。